ぶんちゅ

ぶんちゅのライフワークス−はなび−
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu-budgie-remixの日本語化について。少し癖があるので。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

f:id:hokutoyanagimura:20170407080248j:plain

どうも、ぶんちゅです。

さくっとメモ書きのように、日本語化について書きますね。細かく画像で説明することはなく、端末でちょっとインストールして、後は「settings」のGUIでやるだけですので、すぐにわかると思います。多く既出の情報だったら他にいい記事が見つかるかもしれません。

一応、

 

https://ubuntujp.jimdo.com/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC/ubuntu-budgie/

 

 これが公式にある説明なんですが僕はこれ通りではできませんでした。

最初からすでに断っておきたいんですが、少なくとも僕の環境では全ての言語を日本語にするとバグが起きました。一瞬でフリーズですね。ですので全部を日本語にすることはありません。日本語入力ができるようになるまでです。

まずインストールについて、インストールは必ず「英語」でインストールしてください。日本語を選択しないでください。後から日本語にもできますが、僕はまあどちらにしても死にました残念笑

一通りアップデートを済ませたら、

 

sudo apt install language-selector-gnome fcitx-mozc

 

で必要なものを揃えます。

で、

 

スタートメニュー「settings」→language supportを選択し、言語パックをインストール。インストールが終わったら、同じ画面にあるimの項目を「fcitx」に変更。

一度ログアウト。ログイン。


スタートメニュー「fcitx configuration」を開き画面下にある+を押し、「Mozc」を追加。

keybord-japanese Mozc keybord-English kanakanjiの順に並べる。あるいは、keybord-japanese Mozcのみ。

同じ画面ひとつ右のタブ「Global Config」の「Trigger Input Method」に設定されてあるctrl+spaceをZenkakuhankaku(全角半角)に変更。
ログアウト。ログイン。

 

これで日本語入力ができるはずです。他に楽ちんなのがあったらぜひそちらをしてください。現段階は、僕はこの手順でやってます。

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

life-fireworks.hatenablog.com

 

life-fireworks.hatenablog.com